BL文庫の感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 時のない男 顔のない男3   感想:(^^)

<<   作成日時 : 2005/11/11 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「時のない男 顔のない男3」剛しいら/北畠あけ乃 キャラ文庫 2005年9月30日 初刷 本体533円+税 ISBN4-19-900362-2

☆あらすじ 《百年前に生きた男を僕が現代に連れ戻す───!》
 天才俳優・飛滝に海外ドラマから出演依頼が!三ヶ月をイギリスで過ごす飛滝を追って、飛滝の秘密の恋人で、新人俳優の音彦はロケ地へ飛ぶ。今度の飛滝の役どころは歴史大作の準主役で、フロックコートの似合う男「男爵(バロン)」。百年前の男になりきった飛滝の邪魔をしたくなくて、見守るだけのつもりだった音彦。けれど撮影現場の事故で急遽、飛滝と共演することになってしまい!?

★感想&ストーリー
 天才俳優・飛滝と新人俳優・音彦カップルの顔のない男シリーズ第3弾。飛滝はますます謎の男と化してます(^^;この人、どこまでが演技でどこからが素なんでしょう?役に入るとその役に完璧になりきる俳優・飛滝は今回100年前のイギリスに生きた男爵を演じる事になる。恋人の音彦は3ヶ月も離れているのが淋しく且つ心配で、こっそり様子を見にイギリスまでやって来る。飛滝に俳優として憧れを抱くと同時に同業者としての嫉妬心も覗かせる音彦だけど、この人の場合基本的に素直なので全てを受け入れて恋人に収まった。飛滝と共演しいつの間にか魅せられて飛滝を陥れようとする他の役者の気持ちも判ってしまうのは、いいのか悪いのか。音彦は人間的にも俳優としても確実に成長している。男爵を演じた事で飛滝の心境にも微妙な変化が現れる表題作。飛滝を俳優の目で見て自分と比較してあれこれ悩む音彦が、CMで絡む事になった子犬を飛滝の家に連れ込んで一緒に暮らすが、実は飛滝は予想外の行動を取るもの(動物や子供など)が苦手。音彦が怪我をして子犬の世話は飛滝がやらねばならなくなってのちょっとした騒動の「愛のない男」収録。

★評価 ★★★☆☆
 表題作では二人の関係に気が付く人間が登場。二人はこの先どうなってゆくのだろう?音彦が俳優として成長するのは分かるけど、飛滝の演技は変わらないだろう。素の飛滝が音彦との関係によって人間らしさを少しずつ表せるようになってゆくのかな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
時のない男 顔のない男3   感想:(^^) BL文庫の感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる